心理学で見る!落ち着く部屋作りに欠かせないポイントとは?

心理学で見る!落ち着く部屋作りに欠かせないポイントとは?

自分の家の中だけはプライベートな空間なので、誰にも干渉されずにゆったりと過ごしたいと思う気持ちは普通でしょう。

しかし、意外と自宅が落ち着かないと感じている方も少なくないため、その原因を解決しなければ本当の意味でも落ち着ける空間を手にしたとは言えないかもしれません。

そこで、心理学の観点から落ち着く部屋の条件を紐解いていくと、一番効果的なのが部屋を常に綺麗に片付けておくことだと分かりました。

部屋にゴミなどが散らばっている状態だと精神にも乱れが生じてしまい、いつの間にかストレスを抱え込んでしまったりする現象がよくるとされているのです。

そうならない為にも落ち着く部屋の一つの条件として部屋を片付ける習慣を持つこと、そしてこまめに掃除をして汚い状態を作らいないことが大切になってきます。

また、心理学でとても大切なことの一つに、視覚からとらえられる感情とニオイから感じられる思いがあるのをご存じでしょうか。

人は見た情報を脳に伝達することで様々な感情を抱きますが、それと同じくらい嗅覚もかなり敏感なため、嫌なニオイを察知すると落ち着く部屋からは程遠くなってしまうのです。

対策としてはアロマを置いて常に良い香りを放つようにしたり、空気清浄機を稼働させて臭いニオイを除去することが良いでしょう。

関連記事

  1. フェイクグリーン|緑でお部屋を安らぎの空間に変えよう!
  2. カテゴリー:method
  3. カテゴリー:method
  4. カテゴリー:method
  5. 【初心者向け】アクアリウムをインテリアとして飾る方法を解説!
PAGE TOP